採血への緊張を和ませてくれた看護師さん

採血への緊張を和ませてくれた看護師さん

私は採血が苦手です。注射針をはじめとした器具に対する漠然とした恐怖感が心のどこかにあるのだと思います。
友人に話すと「採血とか注射針が好きな人なんていないよ」という答えが大抵帰って来るのですが、私の場合、採血後はドキドキした感覚から貧血とまではいかないでしょうが気分が悪くなり、その後はしばらくベッドで横になっていないと落ち着かないのです。
ですから、病院や定期健診における採血は出来れば避けたいと常々考えていたりもします。しかし、実際はやはり検査であるわけですから、苦手な採血に対しても意を決して臨まなければならないことがほとんどです。
前回もやはりそうでした。通院している病院の主治医から、採血して血を検査してみましょうという話が出たのです。
もうその時点で緊張していたのですが、看護師さんがそんな私を助けてくれました。何気ない会話で私の意識をおしゃべりに向けさせ、和やかな雰囲気の中で採血を終えることが出来たのです。気分が悪くなるようなこともなく、本当に感謝しています。

 

看護師の転職に関して困ったらここ→看護師 スキルアップです。